日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

メールでお問い合わせ FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

9-5 自動でデータ化

フォームコントロールのリンクや関数を活用する

これまでに紹介したオプションボタンチェックボックス自由記述を組み合わせてアンケートとデータ部分を作ります。

データ部分はアンケートの設問に沿ってデータを縦1列になるようにしておくと、動作の確認がしやすくなります。

アンケートとデータ部分の見本

 

また、別シートにアンケートのデータ部分を横1行にリンクさせた集計用のレコードを作成しておくと、アンケート回収後に集計データをまとめる時に、コピーして値貼付するだけなので入力時間を短縮できます。

集計用レコードの見本

 

(1)データ用のシートにタイトルを付ける場合はアンケートのデータ部分のタイトルをコピーし、貼り付けオプションから『行列を入れ替える』でクリックします。

集計用レコードのタイトル部分を貼り付ける

 

(2)データ部分に参照するシートとセル位置を『 =シート名!セル位置 』となるように入力し、オートフィルで式をコピーします。

※ 図では分かりやすいようにデータを入力したままにしています。

参照するセルの式をオートフィルでコピーする

 

(3)コピーした式に対して、「 Ctrl + H 」キーを押して検索と置換ダイアログを起動し、セル位置の列番号を『 $ 』(ドルマーク)で囲うように置換します。

表示されている値は同じですが、これでセルの参照方法が「相対参照」から「絶対参照」に変わりました。

列番号を置換してデータの参照方法を変える

 

(4)置換した式の2行目以降をコピーし、データの2列目に『行列を入れ替える』で貼り付けます。

絶対参照セルの行列を入れ替える

 

(5)コピーした後は不要になった部分を削除し、罫線等を整えればデータ部分は完成です。

完成したデータ

 

 

 

次は、9-6 見栄えを良くするテクニック

 

▲ページトップに戻る