日本全国対応アンケート入力集計代行サービスモルガンデータシステム

メールでお問い合わせ FAX番号
アンケート入力web自動計算御見積

データ入力基礎講座

9-1 フォームコントロールを活用する

□からの脱却

アンケート原稿を拝見しているとチェック欄を四角記号で表記している場合があります。

印刷用のアンケート原稿としては問題無いのですが、WordファイルにしろExcelファイルにしろ、四角記号のまま配布してしまうとどのように入力すれば良いのか回答者が困ってしまいます。

何より答えるのがとても面倒くさいです。

四角記号を使ったアンケートの見本

ではどうするかというと、実はExcelにはアンケート向けの部品が用意されています。

この部品をフォームコントロールと言います。

 

 

フォームコントロールとは

フォームコントロールとは、プログラムやマクロの知識が無くても簡単にExcelでフォームを作れる機能です。

アンケートを作る場合はオプションボタンチェックボックスをよく使います。

コンボボックスやリストボックスなどの機能もありますが、オプションボタン(ラジオボタン)とチェックボックスは特に汎用性が高い機能です。この2つを覚えるだけでアンケートが作れます。

 

アンケートに使えるフォームコントロール
オプションボタン選択肢から1つだけ選ぶ

1.梅   2.桃   3.桜

チェックボックス選択肢からいくつも選べる

1.梅   2.桃   3.桜

 

 

フォームコントロールを表示する

フォームコントロールはツールバーの『開発』の『挿入』をクリックすると出てきます。

『開発』はExcelが初期状態だツールバーに表示されていないので、まずはツールバーの設定を変更します。

フォームコントロールの場所

 

 

(1)ツールバーの適当な位置で右クリックして『リボンのユーザー設定』を選択すると『Excelのオプション』が開きます。

ツールバーの設定を変更する

 

(2)『リボンのユーザー設定』で、メインタブの「開発」にチェックしてOKボタンをクリックします。

開発の項目をツールバーに追加する

 

(3)ツールバーに『開発』が追加されました。

開発が追加されたツールバー

 

 

フォームコントロールとActiveXコントロールで迷ったら…

フォームコントロールとActiveXコントロールの部品

さて、フォームコントロールを見てみると、その下に『ActiveXコントロール』という項目があることが分かります。

見た目はほぼ同じですが、ActiveXコントロールはフォームコントロールの拡張版といった感じで、主にマクロ向けです。

Excelファイルにマクロが組み込まれていると、メールで配布した時にマクロウイルスと見分けられないのでウイルスチェックに引っ掛かってしまう危険性が高いです。よってマクロは使いません。

アンケートを作る場合はフォームコントロールを使います。

 

 

次は、9-2 オプションボタン(ラジオボタン)

 

▲ページトップに戻る