3.ファイルの種類 > 3-4 CSV形式

このページを印刷

 テキストをカンマで区切ったものがCSV形式ファイル

CSV 形式のデータは、カンマで区切られたものです。

Microsoft Excel で作ったファイルをCSV形式として保存する場合は、列のデータがカンマで区切られ、
行のデータは改行記号で区切られます。文字列と数値だけが保存されます。
セルのデータにカンマが含まれている場合は、セルの内容はダブルクォーテーション (") で囲まれます。
セルに数式が表示されている場合は、文字列に変換されます。
すべての書式(フォントやフォントの大きさ)や、グラフィックス、オブジェクト、他のワークシート内容は保存されません。

Excel で入力したデータ

Excel で入力したデータ

これは、Excel で入力したデータです。これを、CSV形式で保存します。
Excel → 『名前を付けて保存』→ファイルの種類▼で、『 CSV(カンマ区切り).csv 』を選びます。

CSV形式のデータをメモ帳で開いた場合

CSV形式のデータをメモ帳で開いた場合

Excel で設定したセルの書式設定などはすべて保存されません。文字情報だけが残り、セルとセルの間はカンマで区切られています。

パソコンの設定にもよりますが、CSV形式のファイルをダブルクリックすると、Excel が開く場合があります。
メモ帳で確認したい場合は、メモ帳を開いてCSV形式のファイルを開くか、CSV形式のファイルをメモ帳のアイコンの上にドラッグアンドドロップすれば、メモ帳で確認することができます。

CSV形式を開く

CSV 形式のファイルをダブルクリックして、Excel でもう一度開く場合は 気を付けなくてはいけません。

「0001」などのコード番号は、「1」と表示されます。

これは、通常では Excel が数式や数字を扱うソフトなので、 文字列としての「0001」を認識しないからです。

CSV 形式のデータを  Excel で開く場合は、一度テキストとして保存し、 テキストデータとしてエクセルから読み込みます。

『拡張子を変更します。csv →txt 荒技で名前の変更から行いますが、 私の場合は今までファイルが壊れたことはありません。』

Excel を開き、『ファイル』→『開く』で、拡張子を変更したテキストファイルを開きます。
その場合、ファイルの種類▼ を『すべてのファイル』に変更します。
※Excel では通常Excel ファイル以外は表示されません。

拡張子が、txt のデータに関しては、書式のウィザードが立ち上がります。
そこで、先頭に0が付いているデータを残したい場合は、書式を文字列に変えます。

※注意 SYLKエラー
CSV形式のファイルをテキストに変換して読み込む場合、A1のセルに"ID"という
文字が含まれていると、SYLKエラーとなって読み込めません。ID という言葉を省いて、読み込みます。

次は 3-5 バージョンの違い
… 前 |
 3-4 CSV形式
| 次 …

データ入力基礎講座
データ入力編: 1.日本語入力ソフト 2.データ入力の基礎 3.ファイルの種類に分かれています。 Excel編: 4.Excel で名簿入力 5.Excelで校正 6.Excelで重複マクロ に分かれています。 パソコン全般: 7.パソコンの使い勝手 8.メンテナンスの仕方 に分かれています。
  1. 日本語入力ソフトの話 4. Excel で名簿入力 7. パソコンの使い勝手
  2. データ入力の基礎 5. Excel で校正 8. メンテナンスの仕方
  3. ファイルの種類 6. Excel で重複マクロ  

これらの説明は、OSが Windows の場合を前提としています。OSのバージョンによっては動作の仕方が変わることがあります。
記載されている会社名・製品名は、各社の商標、または登録商標です。
(C)2012 アンケート入力集計のモルガンデータシステム